メニュー 閉じる

マイクロスリープ

あなたは次のような経験がありませんか?

・電車で寝過ごしてしまい、割り増し運賃を支払った

・授業中に「ふっ」と意識がなくなり、先生に怒られた

・車を運転していたら、一瞬だけ居眠りをし、ヒヤッとした

もし、あなたが上記のような、経験があるのであれば、それは「マイクロスリープ」かもしれません。

マイクロスリープとは、超短時間睡眠のこと。

電車の中や授業中、運転中などに起こりやすいのが特徴です。

さて、そんなマイクロスリープですが、運転中に起こってしまうと、大変危険です。

というのも、ハンドルを握るあなたは意識が朦朧としてしまい、あわや正面衝突・・・、なんてこともあるからです。

しかし、このマイクロスリープ、活用の仕方によって、あなたの仕事や作業の効率を大幅にアップさせてくれます。

今回は、そんなマイクロスリープの効果やメリット、危険性をお伝えします。

ぜひ、今日からマイクロスリープを活用してみてくださいね!

マイクロスリープとは超短時間睡眠のこと!目を開けたまま寝ることも!

冒頭でもお伝えしたように、「マイクロスリープ」とは、文字どおり超短時間睡眠のこと。

いつの間にか、意識が飛び、次のような状態に陥ります。

・1秒間「がくっ」と寝落ちしてしまう

・10秒間「え?いま何かあった?」と記憶が飛んでしまう

一般的に、僕たちは眠りにつくとき、次のような段階を踏みますよね。

1.眠たくなる

2.寝る準備をする

3.眠る

しかし、マイクロスリープの場合、「1.眠たくなる」「2.寝る準備をする」を通り越し、いきなり眠りについてしまうのです。

前触れもなく、いきなり意識が飛んでしまうため、場合によっては、大変危険な現象なのです・・・!

マイクロスリープの原因は「疲労の蓄積」や「睡眠不足」!運転中に起こると大変なリスクが!

さて、ここまでお伝えしているマイクロスリープですが、発生する原因は次のふたつです。

・睡眠不足

・疲労の蓄積

寝不足や疲労が限界まで到達すると、脳はそれ以上体に疲労を貯めないために、防衛反応として、睡眠状態を作り出します。

そのため、体にとって不健康な反応ではなく、あくまで自然な現象なのです。

ただし、このマイクロスリープ、気をつけておくべきこともあります。

それは、「マイクロスリープが起こるタイミング」です。

例えば、授業中や電車の中でマイクロスリープが起こったのであれば、割り増し運賃を払ったり、先生に怒られれば済む話ですよね。

しかし、車の運転中にマイクロスリープが起こってしまうと、大事故の危険性もあります。

状況やタイミングによっては、命の危険性もある現象なので、常習者は注意を払う必要があります。

マイクロスリープには「疲労回復」や「集中力アップ」のメリットがある!

ここまで、マイクロスリープの危険性について、さまざまな情報をお伝えしてきました。

しかし、マイクロスリープには、メリットがあるのも事実。

マイクロスリープは、活用の仕方次第では、次のようなメリットがあります。

1.疲労回復効果

2.集中力を高める

なぜ、マイクロスリープに上記のメリットがあるのかを解説します!

1.疲労回復効果

マイクロスリープをとることで、一気に疲労を回復することができます。

なぜなら、防衛反応として、無意識に睡眠状態を作り出すため、短時間で脳の疲労を解消できるからです。

実際に、授業中に「ふっ」と居眠りをして起きると、今までの眠気が嘘のように目が冴えますよね。

マイクロスリープは場所とタイミングさえ間違わなければ、仕事や作業の効率をアップさせてくれるのです。

2.集中力を高める

先ほどお伝えしたように、マイクロスリープは一時的な睡眠によって、一気に脳の疲労を解消します。

そのため、集中力が切れかけたときに意識的にとることができれば、再度集中力を立て直すことができるのです。

このように、マイクロスリープは活用次第では、仕事や作業の効率をアップさせてくれます。

もちろん、職場などで、おこなってしまうとサボっていると勘違いされます。

もし、意識的にマイクロスリープを取りたい方は、次のことを意識してくださいね!

・眠気が来るまえに眠っても大丈夫な場所へ移動する

  「まだ大丈夫・・・!」と慢心していると、いつの間にか手が離せない状況になり、その場で寝てしまうこともあります。

  手遅れになる前に、早めに移動してくださいね!

・横にならずに、椅子に座る

  どこかに横になる場所があったとしても、そこでマイクロスリープをとることは避けましょう。

  横になって眠ると、完全に昼寝モードに入ってしまうので、「気づくと1時間経ってた・・・。」ということもありえます。

  あくまでも「ちょっとだけ・・・!」という意識で、ベンチなど、座って仮眠ができるような場所を選んでくださいね!

マイクロスリープに頼り続けるのは良くない!睡眠不足や疲労の蓄積を解消するのが先!

先ほど、「マイクロスリープは不健康な反応ではない。」とお伝えしました。

しかし、マイクロスリープになっている背景には、「疲労の蓄積」や「睡眠不足」があり、放っておくと、健康を損なうことになってしまいます・・・。

そのため、夜きちんと眠り、疲労を取れるよう生活リズムを整える必要があります。

普段の生活を見直し、疲労をきちんと取れるような習慣を取り入れてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA